スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

JREC日本リフレクソロジスト認定機構のブログです

最近の投稿

足は第二の心臓

「足は第二の心臓」と言います。 血液は、心臓で肺から取り込まれた酸素を受け取り、同時に体内の不要物(二酸化炭素など)を捨てると、心臓の拍動というポンプ作用でまた全身へと送り出されます。これが動脈血ですね。 心臓から出た血液は、血管の周りの 筋肉の動きや心臓のポンプ作用で先へ先へと進みます が、心臓より下の下半身には重力作用も手伝って下りていきます。 では、 足先まで到達した後 はどうなるでしょうか? すみずみの組織に酸素を受け渡した動脈血は、不要物を受け取り今度は静脈血となって静脈の中を心臓まで戻ります。 ところが、この時は足先から心臓へ向かいますから下から上。つまり 重力に逆らうので、下りてきた動脈の時とは違って大変 です。 ずっと 同じ姿勢のままでは筋肉も動かない ため、心臓に戻るまでに時間もかかり 血液も同じ場所にとどまりがち です。 停滞した血液からは周囲の組織に水分がにじみだしていくので、水分が不要に多くなります。 これが 「浮腫(ふしゅ)」いわゆる「むくみ」 です。 立ちっぱなしだったり、椅子に座って同じ姿勢のままだったりすると、夕方になって足がパンパンに膨れてしまい、ソックスの跡がつく・・・ これは 足を動かさないために静脈血が滞りがち になって起きた「むくみ」です。 これを防ぐために、下半身の運動、例えば ウォーキングなど一定時間をかけて歩いたり、足やふくらはぎの筋肉を動かす ことで、血液が心臓に戻るのを助ける、つまり 足によるポンプ作用が必要 となります。 これが「足は第二の心臓」と呼ばれる所以(ゆえん)です。 歩くことは体に良いといわれるのは、筋力の維持がいろんな形で身体の役に立つからですね。 血流を良くできれば、体の隅々まで新鮮な酸素や栄養分がいきわたり 、不要なものの排出もスムースになります。 リフレクソロジーは、反射区に現れる反応から身体の特定の部位の滞りや不調を読み取っていく知識と技能ですが、 足をマッサージすること自体がとても良いこと ですので、セルフリフレクソロジーも含め、活用してください。 JREC理事 川口香世子先生の著書「実践!セルフリフレクソロジー」は、以下よりご購入いただけます。 ▼JRECのオンライン通販▼ https://jrecshop.thebase.in/items/30346600

2020年の年末にあたりご挨拶申し上げます

  JREC会員の皆さま いつもお世話になっております。JREC事務局です。 今年も一年間ありがとうございました。 今ここで振り返るまでも無く、2020年は春先からの新型コロナウイルス(covid-19)に翻弄され続けた年でした。 皆さまの生活も大きな変革を迫られ、今までの常識や当たり前だったことが、ことごとく覆されたといっても過言ではないでしょう。 21世紀ともなりながら、目に見えない極小さな存在がここまで私たちを脅かすことなぞ、昨年までは誰も予想しなかったことと思います。 ですが、私たち人間の歴史を振り返ると、過去に感染症のパンデミックは幾度となく起こり、私たちはそのすべてを乗り越えてきました。 今回も、必ずや今後の方向性を見定め、新しい生活とともにこの状況を打開することができると信じています。 JRECには、医療関係の方、看護関係の方、介護関係の方も多く在籍していらっしゃいます。 毎日のようにマスコミから流れる情報は、それらに従事する方々が日々私たちの暮らしや命を守るために最前線で奮闘していらっしゃることを物語っています。 また、一般の皆さまの中にもご高齢のご家族や小さなお子様方のために、日々のお世話をさらに入念に、感染への対策を講じ、いかにして大事なく過ごすかに苦心していらっしゃる方も多いことでしょう。 そういった皆さまに、心からの感謝と賛辞を贈らせていただきます。 最近では、特に医療、看護、介護の現場での疲弊と、精勤していらっしゃる方々への言われない偏見や風評被害もが話題となっていますが、このような時であればこそ、周囲に対する愛情や思いやり、労わりあうことが何よりも必要です。 会員の皆さまには、セラピストとしてホスピタリティの心も共に学んでいただけたことと思います。 私たち自身が、お互いに助け合い、いま頑張っていらっしゃる医療や介護現場の皆さまのために何ができるか、感染や重症化を引き起こさないためにはどうすればよいかを、一緒に考えましょう。 来年こそは穏やかに過ごせるように、今できる行動をしましょう。 2021年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

「勉強の種」はどこにでもありますよね

JRECのリフレクソロジーは、何より施術前の カウンセリングを重視 します。 トリートメント前にクライアントのプロフィール、健康状態、食生活、お仕事や運動量、体調の変化などを伺い、その時点でその方の お身体について「診立て」にあたること を行います。 それができるようになるには相応のキャリアが必要なため、マスタークラス以上では ケースレポート の学習を行い、また そのためには 解剖生理学や栄養素の働き、一般的な疾病や症状の知識など が必要 です。 とはいえ、医療従事者でもない方にはとっつきにくい分野でもあり、なかなか学習が進まないという方もいらっしゃるかもしれません。 でも、ちょっと視点を変えると、身体に関することは 結構身近にポンとあったりする ものです。 今回は、JRECスタッフの経験も含めてのお話しです。 ―――――――――――――――――― 昔読んだ 「ドラえもん」 の漫画に「人間製造機」という回がありました。マシンに人間の素となるものを入れると人造人間が作れる、という話ですが、 のび太くんが集める材料は  脂肪として せっけん1個  鉄分として くぎ1本  リンとして マッチ100本  炭素として えんぴつ450本  その他 石灰、硫黄、マグネシウムに水1.8L  で約3㎏の人間ができあがる・・・ と、ちょっとホラーな内容ながらも ヒトの身体の構成物質と量が説明 されて おり、子どもながらに感心し、いまだに記憶に残っています。 手塚治虫さんは医師免許をもっていましたが、代表作の一つ 「ブラックジャック」 には たくさんの病気や症状、臓器・器官や薬剤など が出て きます ね。読んで覚えた病名もたくさんあり、興味をもって一つ一つ調べたものです。 また数年前、清水茜さんの 「はたらく細胞」 を読んだ時には驚きました。特に 免疫系の初歩的な理解 には かなり役立つ と思います。 1911年に現在の ビタミンB1 を米ぬかから抽出した鈴木梅太郎教授は、これを 「オリザニン」 と名付けました。 お米(稲)の学名がOryza(オリザ)であることからですが、 宮沢賢治の 「グスコーブドリの伝記」 に出てくる稲をイメージした架空の植物も「オリザ」で、米ぬかとビタミンB1とが即座に結び付きました。 TVドラマでは、病院や法医学、科学捜査などを扱ったものも多いですね。 観ている

「協会」や「資格」とはなんでしょうか?

JRECは「認定機構」という名称ですが、実質的には「協会」と呼ばれるものに属します。 では 「協会」とはなんでしょうか? 「協会に所属したら、何をしてくれますか?」 これは、会員登録の際に皆さんからたびたびお寄せいただく質問です。 そして 【協会も資格も、皆さんの可能性を広げ、夢を叶えるためにあります】 これが、 私たちの考える協会と資格の役割 です。 例えば、自動車の運転免許をお持ちの方は非常に多いと思います。 運転免許とは、公道で自動車を運転してもよいですよ、と 許された方の証明 です。 とはいえ、運転が大変上手な方もいれば、免許を取っても運転する機会がなく、いわゆるペーパードライバーで運転に自信がない方もいらっしゃるでしょう。 つまり、自動車の運転を許されても、安全に自動車を使用するためには、やはり定期的に運転して 技術を高めることが必要 です。 運転免許自体には、このアフターフォローはありません。 資格も同様で、取得することとそれを活用することとは異なり、まず 取得して「使用の許可」を得た後 も、それを上手に使えるようにメンテナンスしたり、新しい情報を仕入れたり、それをもとにクライアントへのサービスを高めたり・・・といった ご自身での行動が必要となります 。 この、 皆さんの行動をサポートするのが「協会」の役割 です。 JRECには専門学校様も所属していただき、10代の学生様も学習していらっしゃいます。そういった社会人となる前の皆さんに、お話ししていることがあります。 それは ―――――――――――――――――― 学校では、迷ったり分からなかったりしたら、先生に訊けば答えて導いてくれます。 でも 社会人になったら 、目の前のクライアントの状態は、 すべて自分で判断して解決 しなければなりません。 ―――――――――――――――――― というものです。 学習中と違い、 資格を取得したときから周囲は皆さんを「プロ」とみなします 。 皆さんは、学校で教わっていた「受講生」から、自分が周囲から頼られる立場へと変わります。 といっても、実際に現場でリフレクソロジーを使おうとしたとき、初めてのこと、見たことがないこと、学んでいなかったことにぶつかることもあるでしょう。 あるいは、自分一人では心細く、お仲間や同好の士が欲しいと思うこともあるでしょう。 そんな時、皆さんの質

Withコロナの時代とは

「 Withコロナ/Afterコロナの時代 」という、まったく歓迎できない日々が到来しています。 5月20日発行のJREC会報誌「Holos」58号では、JREC顧問の 田中慶太朗医学博士 に「新型コロナウイルス」に関する特集記事をお寄せいただきました。 志村けんさんをはじめ国民的な著名人も多数お亡くなりになり、全国に衝撃と深い哀しみをまき散らした「新型コロナウイルス」の蔓延。 女優・タレントの 岡江久美子さん のご逝去では、乳がん手術後の 放射線治療による免疫低下が要因 、と事務所から発表されましたが、田中慶太朗先生はご自身の経験より「 その可能性は低い 」と現行執筆時にすでに指摘され、その後に岡江さんの主治医からも同様の発表がありました。 そして、田中先生より新型コロナウイルスによるあっという間の重症化は「 サイトカインストーム 」によるものとも。 この「 サイトカインストーム 」は、つい先日マスコミ各社からも報道されています。 残念なことに、これに対処するには今少し時間がかかるといわれており、それまでは今まで同様に 衛生面での注意が必要 です。 緊急事態宣言が全国すべてで解除され、これまでのストレスを発散させるかのように、街も電車もほぼ以前の人出となってきました。 もちろんこれ以上経済活動を止めるわけにもいかず、皆さんが まさに「Withコロナ」の生活 を送られていることでしょう。 どうぞご自身とともに、ご家族、周囲の皆さんの健康にも留意され、力を合わせて乗り越えていきましょう。 ただ、今回のこの未曽有の危機に遭遇し、明らかに 私たちの考えは変わった と思います。 リモートワーク、STAY HOME、オンラインセミナー、ソーシャルディスタンスといったフレーズとともに、今までデジタルではうまくできないと思われていた様々な事がらが、姿を変えていっています。 日本人の国民性として長年培われた「会って話す」「頻繁に顔を合わせる」「紙や現品など物質としての管理をする」といったものから脱却し、今までそれらに不慣れだった方々もお考えを変え、 新しい生活に適応 しようとしていらっしゃることでしょう。 創意工夫を得意とする のもまた日本の国民性の特徴です。 「コロナに負けるな!」が、トレンドとなっています。 進化とは突然変異によってもたらされる もの、と言われますが、危機的状況

今、このときに、教科書を開いてみましょう

先ごろ、あるお寺のご住職のお話を聴く機会がありました。 その方はご在住の市の教育委員長も務めており、公立学校が新型コロナウイルスの影響で臨時休校となる中、児童や生徒と直接連絡を取りながら、休校期間中にも 自習をする習慣を身に着けてほしい とおっしゃっていました。 ご住職によれば、今年度は土曜日や夏休みを返上してやりくりしても、 授業時間が不足する恐れがある そうで、義務教育という 誰もが平等に受けられる学びの時間が失われてしまう 事態に、大変心を痛めていらっしゃいました。 学校の休校、外出の自粛、休業による出勤停止や自主的な休暇など、多くの方が自宅のみでの生活を強いられています。 この状態で、 私たちに何ができるか?何をすべきか? 様ざまなアーティストやタレントの方々が、自宅での過ごし方の提案を配信し、外出自粛を呼び掛けています。もちろん家に閉じこもっている以上、メリハリのある生活が理想的ですが、先行きへの不安が日に日に増していく中でも、 私たちは現実に暮らしていかなければなりません 。 とすれば、今後を悲観的に考えるばかりではなく、 将来に備えて今だからこそできること や、 自分の新たなステージを見つけるための行動 をとっておくことも大切ではないでしょうか。 安倍総理大臣が自宅でくつろぐ動画には、否定的な意見も数多く寄せられたそうです。ここでは政治、思想や観念的なことがらへの言及は避けますが、例えばあの映像が、ソファでお茶を飲む姿ではなく、 何かへの取り組み、自己の向上や研鑽、勤勉な姿勢 というものを映し出したものであったなら、 より大衆の共感を得られた のかも知れません。 いまのこの状況は個人一人の力で打開できるものではありませんが、 自分の時間は自分のため にあるものであり、その 時間は限られている ものであり、 今という時間には今でしかできないことがある ことも思い出して欲しいと思います。 JREC会員の皆さん、受講生の皆さん、 教科書や参考図書を開いてみてください 。 学びはご自身のため、周りの人のため、そして未来のためです。 何かを 生み出すために有効に活用 していきましょう。

医療でないからこそのセラピストの使命

リフレクソロジーもアロマセラピーも、日本では 医療行為、治療行為と認められていません 。これは皆さんもご存知ですね。 では、セラピストのサロンを訪れる お客様は、いったい何を求めて いらっしゃるのでしょうか? もちろん「自然療法」と呼ばれるものに、 身体への具体的な効果・作用を期待する方も大勢いらっしゃいます 。なにかしらお悩みを抱える方がお越しになるわけですから、当然のことです。 でも セラピスト側から、 病気やケガが治る、痛みが取れるなどという言葉は絶対にNG ですね。クライアントに誤解を生まないため、そして医療の領域を侵犯しないため、そこには明確な線引き、自主規制が必要です。 それでは、 セラピストにはいったい何ができるのでしょうか? リフレクソロジーやアロマセラピーには、医療行為、治療行為ではないからこそできることがあります。 それはドクターや治療家の先生と患者さんという枠組に入らない、 コミュニケーションとアドバイス です。 特定のケガや病気の「治療」を軸としたものではなく、セラピストとして今 目の前にいる方には何が必要なのか?を考え、伝える こと。 クライアントのお話を聞き、生活を知り、お身体のお悩みがどこに根差すかを一緒に考え、 普段の生活やちょっとした習慣からでも、身体を健康に導くことができるのだと気づかせて差し上げること。 これが ホリスティック(全体を見る)という、セラピー独特の考え方でありスタンス です。 東洋医学でいう 「未病を防ぐ」 ということであり、医療の世界における 「病気ではなく病人を見よ」 という言葉にも通じます。 これがセラピストとして一番に考えるべきことであり、私たち セラピストが必要とされる役割・使命 と考えています。